腕橈関節の運動軸
上腕骨小頭と橈骨頭上面(関節窩 articular facetof head of radius)がこの関節を構成する。前腕の回内・回外,伸展・屈曲運動が可能な,小さな球関節であるといえる。前腕を完全に屈曲した状態では,橈骨頭上面は上腕骨小頭を外れて上腕骨の橈骨窩 radial fossa of humerus に収まる。